前へ
次へ

犬の病気に関する最先端治療について

現在では犬も家族の一員として飼われるようになってきました。
当然のように加齢など、様々な要因によって病気になる事もあります。
人間の死因の上位にくるガンも、犬がかかる病気の中では代表的なものです。
まだ処置が出来る段階では外科手術で対応するなど、治療も人間と変わりません。
しかし外科手術は、人間と同じように負担が大きく長期間の療養が必要になってきます。
最近のペット最先端治療では、負担を軽くして完治できるような治療が行われるようになってきました。
代表的なものではカテーテル治療があります。
これは足などからカテーテルを挿入してガン付近の血流を止める事で、がん細胞に栄養がいかないようにして死滅させる方法です。
老犬のように手術に耐えられない場合や、飼い主が手術を望まない時に用いられる事も多いです。
ペット医療の場合は安全面や倫理観と言った点で人間よりもハードルが低いので、最先端治療が人間よりも早く受けられる可能性も多いです。
これからも様々な方法が始められる事がわかっています。

Page Top