前へ
次へ

慢性的な症状にも温水が効果的である

温水には心と身体をリラックスさせる効果が期待できるため、リハビリテーションから陣痛を和らげる分娩方法にまで利用されています。
湯治は、温泉の効果・効能によって凝りや痛みを治す治療法です。
全国に保養ランドなどを謳う施設はありますが、湯治を謳う施設は限りなく少ないようです。
しかし、慢性皮膚炎であったり、アトピーや糖尿病、神経痛やリウマチなどの効能はダテではありません。
身体に負担をかけることがない治療法として、温水は医療施設でも確立しています。
スパセラピーというように、医療施設でも美容医療寄りの内容が注目されていますが、不眠の症状を訴える患者さんの中には、ストレスが原因であるケースも少なくありません。
足がつる、就寝時に急に痙攣が起きることを訴える患者さんもいらっしゃいます。
そうした症状にも温水が利用され、スパセラピーにて血行改善を図り、症状を緩和させてくれます。
ストレスのみならず、リフレッシュ効果が期待できるようです。

Page Top