前へ
次へ

人工呼吸は必要な医療措置になるか

テレビドラマなどではいろいろなシーンが出てきます。
日常的にはあまり見かけない光景などもあり不思議に感じるときもあるでしょう。
刑事もののドラマなどでは人が意識を失っているシーンなども多く、その時に人工呼吸を行うシーンなどもあります。
子供などは少しどっきりするシーンかも知れません。
人工呼吸は自分で呼吸ができない人に対して、自分で呼吸ができるよう他人が息を吹き込む応急措置になります。
まずは気道を確保するため首のあたりを持ち上げ、さらに鼻から息が漏れないよう鼻をつまみます。
大きく息を吸って口を通じて息を送り込みます。
胸骨圧迫と組み合わせて行うことが多いでしょう。
かつては人工呼吸と胸骨圧迫の組み合わせが心肺蘇生法として行われていました。
しかし口と口を合わせることから衛生上の問題があるとされ、さらに胸骨圧迫による効果がそれなりにあるために人工呼吸の意味合いが薄れているとされています。
人工呼吸よりも確実に行える胸骨圧迫を優先する方がいいかも知れません。

Page Top