前へ
次へ

分娩には緊急性も正直付き物となる

赤ちゃんが生まれることは吉報でしょうが、産婦人科では命をとり上げる医療行為であるため、常に緊迫している状況にあります。
例えば、帝王切開に切り替えなければならない、緊迫した状況も少なくありません。
逆子の場合やへその緒が絡まっている場合などに行われますし、メスで開腹するために、母胎には傷跡さえ残ってしまいます。
もちろん、オペ自体は難しいものではないにしても、妊婦さんやご家族にとっては、母子ともに、何事もなく無事であってほしいと願うことしかできません。
ベテランの医師や看護師、こうした緊急時にも対応力のある医療施設を選んでおくにこしたことはありません。
メスを使わずに、吸引というように鉗子などの器具を使用し、胎児を引き出す出産も少なくありません。
これは長時間の出産になれば、体力もなくなり、胎児の心音も弱まることさえ懸念されるため、緊急性で行われます。
一般的に、吸引分娩でとり上げられた赤ちゃんの頭蓋骨は長細くなっていますが、未成熟となる頭蓋骨です。
ですが次第に、丸みを帯びた頭形に戻るため、不安になることはありません。

Page Top